プログラム


Session-6B
時間:15時25分~16時10分  会場:ホールB【定員190人】 受講無料/事前登録制

サプライヤー管理手法のトレンドとPAS7000
英国規格協会が提供するサプライヤー管理ツールのご紹介と共に

*残席わずか!
昨年、本カンファレンスにおいてご紹介したPAS 7000「サプライヤーの事前資格審査のためグローバル基準」。その後、PAS 7000は無事発行され、現在世界中の数多くの企業で活用され始めています。本セッションでは、「PAS7000:2014」を使った具体的なサプライヤー管理手法を実例と共にご紹介します。また、大手IT企業等でも導入されている、サプライヤーの一元管理が可能なBSIのサプライチェーンリスクマネジメントツール「SCM」についてもご紹介いたします。

Speakers
BSIグループジャパン株式会社 営業本部営業戦略担当、東日本エリア営業部 部長、教育事業部 部長 鎌苅 隆志氏

BSIグループジャパン株式会社のBCMS(事業継続マネジメントシステム)プロジェクトチームリーダー。BCMS教育コース講師。BCMS関連コースの講師の他、BSIジャパン主催のサプライチェーンリスクマネジメントセミナーの講師も務める。ISO 9001(品質マネジメントシステム)やISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO 20121(持続可能なイベント運営に関する規格)についての経験、知識も豊富。


Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス開催事務局
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp