プログラム


Session-2
時間:10時30分~11時15分  会場:ホール全体【定員500人】 受講無料/事前登録制

セキュリティ対策・BCPを含めた全社リスクマネジメントのあり方
~システムやマニュアル改善だけで脆弱性は消えない~
<企画:ニュートン・コンサルティング株式会社>

*定員に達したため申込みを終了しました。
セキュリティ対策、あるいはBCP対策を行う際、気を付けなくてはいけないのが、システムだけを見る、体制だけを見るといった部分最適の考え方です。システムが改善できても、それによりセキュリティの脆弱性がすべて解決されるわけではありません。本セッションでは、全社的なリスクマネジメントに取り組むヤフー株式会社リスクマネジメント室プリンシパルの高元伸氏と、東京五輪のゴールドパートナー(第1号)となったNTTグループにおいて、危機管理運用グループとNTT-CERTグループを率いるNTTセキュアプラットフォーム研究所理事・主席研究員の前田裕二氏をゲストに迎え、今後のリスクマネジメントの課題と対応策についてお話を伺います。

Speakers
ヤフー株式会社 社長室 リスクマネジメント室 プリンシパル 高 元伸氏

日本IBM、シスコシステムズ株式会社を経て、2001年よりソフトバンクBB株式会社にて技術本部、品質管理本部、セキュリティ本部長を歴任。ソフトバンク株式会社セキュリティ対策室長補佐、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル株式会社セキュリティ本部長を兼任し、2008年IDCフロンティア(ヤフー100%子会社)取締役システム技術本部長、2012年よりヤフー株式会社CSO室長を経て現在、社長室リスクマネジメント室にて、セキュリティおよび企業リスク全般を担当する。


NTTセキュアプラットフォーム研究所 セキュリティリスクマネジメントプロジェクト プロジェクトマネージャ、理事・主席研究員 前田 裕二氏

1991年にNTT通信網総合研究所入社。以来、防災・危機管理、福祉、医療・健康など公共分野における社会問題解決の研究開発に従事。2015年4月より現職。NTT-CERTなどサイバーセキュリテ分野から、自然災害対応など実世界における危機管理の研究開発に従事。一般財団法人レジリエンス協会理事。電子情報通信学会シニア会員、日本遠隔医療学会、IEEE各会員。1998年電子情報通信学会学術奨励賞受賞。


【モデレーター】 ニュートン・コンサルティング株式会社 取締役副社長 プリンシパルコンサルタント 勝俣 良介氏

早稲田大学卒。オックスフォード大学経営学修士(MBA)。日本にてITセキュリティスペシャリストとして活躍後、2001年に渡英しNEWTON ITへ入社。欧州向けセキュリティソリューション部門を立ち上げ、部門長としてISMSの構築をはじめとしたセキュリてISMSの構築をはじめとしたセキュリティビジネスを軌道に乗せた。2006年、ニュートン・コンサルティングを立ち上げ、取締役副社長に就任。自社サービスの品質管理、新規ソリューション開発を率いる。コンサルタントとしても、その柔軟且つ的確なコンサルティング手法には定評があり、幅広い業界/規模のお客様に支持されている。ERM/BCM構築、ITガバナンス、JSOX対応、セキュリティ対応など幅広いコンサルティングスキルを有する。 MBCI、CRISC、CISSP、CISA。BCI日本支部 理事


Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス開催事務局
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp