プログラム


Session 6-B
時間:15時45分~16時30分  会場:ホールB【定員190人】 ※満席受付終了

鈴与グループ140社の事業継続戦略 プロジェクト8年の歴史とグループ全社へのBCP展開

静岡市に本拠地を置く鈴与グループは、総合物流業の鈴与株式会社を中心に商流事業、建設・ビルメンテナンス事業、航空事業、運輸事業、食品事業など多岐にわたって事業を展開。国内外に140社の関連会社を持ち、南海トラフの巨大地震・津波を想定し、グループ全体で事業継続に取り組んでいます。本セッションでは、BCPプロジェクトの立ち上げから8年間の取り組みをはじめ、グループ全体にどのようにBCPを浸透させ、体制や意識の統一を図ってきたのかを紹介します。

Speakers
鈴与株式会社 危機管理室 室長 後藤大輔氏

東海大学海洋学部を卒業後、海上自衛隊に入隊。 護衛隊司令、護衛艦等艦長、護衛艦隊司令部訓練担当幕僚、地方総監部の防衛・警備、防災担当幕僚などの要職を歴任。 自衛隊退官後、平成24年4月に鈴与株式会社に入社。現在、鈴与グループの危機管理を統括する危機管理室長として、グループの事業継続体制の強化・推進に従事。


Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス開催事務局
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp