プログラム

DAY1-セッション8
時間:15:40~16:00(20分)  

【実例】海外渡航リスクと危機管理の必要性
ウクライナ緊急避難、コロナ医療搬送

【想定されないリスクに備える】
『ウクライナからの緊急避難』『コロナ渦における医療搬送』など、数年前には想像すらできなかったことが、今目の前で起こっています。企業は、従業員に対して何をしてあげることが可能なのでしょうか。
アフターコロナ、ウィズコロナにおいて、海外に赴任・出張しなければいけない場合には、今まで以上に 『安全配慮』 を意識した対策と行動が必要になります。
アクサ・アシスタンスが実際に提供した『アシスタンス・サービス』から、『何ができるのか』『何をすべきなのか』をお話いたします。

Speakers
アクサ・アシスタンス・ジャパン株式会社
Head of Travel Partnerships, Japan
大谷 淳氏

米系証券会社、欧州系保険会社を経て、2012年アシスタンス業界へ転身。
海外進出するお客様の要求に応えるため、総合的なアシスタンス・サービスを提供する。2015年4月より、アクサ・アシスタンス・ジャパン株式会社にてトラベルパートナーシップのヘッドを務める。


前のページへ戻る

Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル 7F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp