プログラム

DAY1-セッション7
時間:15:00~15:30(30分)  

AIが予測・可視化する危機管理の最前線
災害対応~サプライチェーンのリスク管理まで

SNS投稿や気象データ、河川カメラ、人工衛星データなど様々なデータをAIで解析し災害状況を分析・可視化する『Spectee Pro』、すでに多くの自治体の防災や企業のBCP対応で採用されています。
セミナーでは、AIを活用してリアルタイムで浸水範囲を予測する技術やデジタルツインによる被害状況のシミュレーションなど、さらに進化した『Spectee Pro』の最新の技術を紹介します。

Speakers
株式会社Spectee 代表取締役 CEO
村上 建治郎

エー・アイ・アイ株式会社(ソニー子会社)、米Charles River Laboratories、シスコシステムズなどを経て、2011年 独立。東日本大震災の発生直後から災害ボランティアを続ける中で、被災地からの情報共有の脆弱性を実感。被災地の情報を正しく伝える情報解析サービスの普及を目指し、ユークリッドラボ株式会社(現・株式会社Spectee)を創業。著書に「AI防災革命」(幻冬舎)


参加を申し込む

事前申し込み特典​

リスク対策.comオリジナルの特別PDF冊子「BCP取り組み事例集」を進呈します。

TOPページへ戻る

Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル 7F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp