プログラム

DAY1-セッション3
時間:11:15~12:00(45分)  

事業継続を左右する!初動対応のポイント

初動対応は、災害対応における大変重要な部分と言えます。それは、初動対応が適切に行われるかどうかが、その後の事業復旧のスピードを大きく左右すると言っても過言ではないからです。

初動対応における重要事項は「人命保護」と「2次被害の防止」です。

初動対応は一般的には「防災」という言葉で表されます。一方、BCPの目的は「事業の継続」です。全く異なるものではないか?と考える方も多いでしょう。しかし、BCPと防災は両輪と考えて対応する必要があります。

「事業継続」には、人的資源が必要であるということを忘れてはなりません。また、従業員の生活を守るためには、企業の事業継続が必要不可欠。このように、初動対応とBCP対応は両者両輪の関係にあるのです。

では具体的に、初動対応におけるポイントとは何か。

見落としがちな点、時代や環境変化に対応してアップデートしなければならない点など、専門家の視点で詳しく解説いたします。

Speakers
インフォコム株式会社 サービスビジネス事業本部 デジタル・サスティナビリティ事業部 危機管理主任コンサルタント
髙橋 克彦

前職にてロケット搭載用精密バルブやセラミック製バルブ、プラント用継手の設計を担当。高圧ガス製造保安責任者、危険物取扱者、非破壊検査、溶接管理技術など、多数の現場経験と資格を保有。BCPについては、事業継続推進機構の災害情報研究会で、実際の危機発生時に情報がどのように流れて行くかを調べ、ICT技術を使って、リスクをいかに軽減できるかを研究している。リスク対策コンサルタントとして、多数のBCP策定支援や訓練支援を行っている。


参加を申し込む

事前申し込み特典​

リスク対策.comオリジナルの特別PDF冊子「BCP取り組み事例集」を進呈します。

TOPページへ戻る

Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル 7F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp