プログラム

Day2-3
時間:11:40~12:10(30分)  

不確実性の時代を生き抜くための「レジリエンス」を高める取り組みコロナ禍での経験を活かした事業継続戦略

新型コロナウイルスのパンデミックは、ウィズコロナ・アフターコロナというとてつもなく大きな予測不可能な状況を作り出しました。新型コロナウイルス以外にも、その発生が危惧されている首都直下・南海トラフ巨大地震や気候変動に伴って激甚化する気象災害など、不確実性が極めて高い危機や困難を乗り越えるための事業継続戦略の在り方と、個人・組織のレジリエンスを高めるための取り組みについてお話します。

Speakers
株式会社クレオ リスクマネジメント室 室長 永井 勝氏

サポートエンジニア、社内情報システム管理者を経て、2002年頃から個人情報保護、情報セキュリティ、事業継続のほか、防火防災管理、感染症対策などリスクマネジメント業務を担当し2018年4月から現職。また、生業のかたわら、消防団員として地域の安全安心を守るべく、消防活動、災害警戒活動、防火広報、救命指導、防災訓練指導にも従事。防災士、BCAO認定 事業継続管理者、危機管理士[2級自然災害]。


前のページへ戻る

Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス開催事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル 7F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp

申し込み特典​

新型コロナ対策事例集(PDF)を進呈します。様々な組織の対策をまとめました。​

参加を申し込む