プログラム


Session-6
時間:14:15~14:35  

デュポンにおける安全文化を構築するための取り組み

組織として安全文化を醸成することは、労働災害リスクの低減だけでなく、品質・生産性・従業員のモチベーションなど他の経営上のリスクを低減させることにも貢献します。

本講演では、200年以上にわたるデュポンの歴史の中で構築してきたグローバルガバナンスに基づく安全管理の仕組みや、安全に関するグローバル共通の価値観や考え方を醸成し、安全を実現していくためのアプローチや取り組みを、具体例を用いながらご紹介いたします。

Speakers
デュポン株式会社 取締役副社長 橋本 勝則氏

慶應義塾大学商学部卒業デラウェア大学にてMBAを取得。YKK英国社CFO。1990年デュポン㈱入社、米国デュポン社では事業・投資リスク分析と内部監査部長。取締役副社長としてダウケミカルとの合併・3社分割をリード、現在はグループ会社ガバナンスとスタッフ部門担当。DSSサステナブル・ソリューションズ・ジャパンでは主に経営層へのコンサルティング業務に従事。 


 

Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス開催事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル 7F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp