プログラム


Session-6C
時間:15時15分~16時00分  会場:501会議室【定員100人】 受講無料/事前登録制

全社的リスクマネジメント(ERM)の効率的かつ実践的な運用方法
先進企業も採用する国内開発クラウドサービスのご紹介

※本セッションは定員に達したため申込を終了させていただきました

昨今、企業が直面するリスクは多岐にわたる上に複雑化しています。さらに本社以外で発生した不祥事がグループ全体に影響を与える事例も多く見られることから、全社的な視点でリスクを管理する「全社的リスクマネジメント」(ERM)の必要性が高まっています。一方、ERMにおいては、調査票の回収・集計作業が煩雑であったり、関係各所との情報共有や管理策の進捗状況の把握が困難であるなど、現場レベルでの課題はまだ多いのが現状です。

本セッションではERMにおけるPDCAの円滑な運用を実現するクラウドアプリケーションを用い運用を効率化することで、多角的なリスク分析や可視化を実現する効果的なERM運用方法をご紹介いたします。

Speakers
株式会社GRCS クラウドサービス開発部 サービスマネージャー 林 理絵氏

東京大学を卒業後、日本HPにてコンサルタントとして従事。その後NPO法人等を経て2016年にGRCSに入社し、ERMTを始めとする複数のGRCクラウドサービスの開発に責任者として携わる。


Information

新建新聞社 リスク対策.com
危機管理カンファレンス開催事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル7階
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp