Program

Session-6C
時間:9月27日/15時05分~15時50分  会場:501会議室 【定員100人】 受講無料/事前登録制

「防災クラウド」による事前防災促進活動について
~災害情報およびコンテンツ配信の活用~

アールシーソリューションはITを活用して防災・減災に取り組み、緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」や、観光庁が監修する訪日外国人旅行者向け多言語災害情報アプリ「Safety tips」等、災害情報配信サービスを提供しています。システムの開発と運用の実績の中で見えてきた課題から、災害情報や防災知識を広めるコンテンツをより多くの人に触れてもらい、事前防災を促すための新たな取り組みとして「防災クラウド」の実現を進めてきました。「防災クラウド」では、現時点において災害情報を多言語で様々なデバイスに配信することが可能です。2020年に向けては単に災害情報をお知らせするだけではなく、子どもたちや目の見えない方、外国人等、様々な利用者に応じた防災情報を配信し、「災害弱者」の減少に役立つ機能を段階的にリリースする計画です。防災が違和感なく生活に溶け込んでいる将来の防災ビジョン、それを実現する「防災クラウド」の全体構想をご紹介します。

Speakers
アールシーソリューション株式会社 営業企画部 鈴木 理那 氏
静岡県出身。防災士。2015年にアールシーソリューション株式会社に入社。緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」の開発に携わった後、広報担当としてユーザーの問い合わせ対応からSNSでの防災知識普及活動、展示会対応等をおこなっている。

アールシーソリューション株式会社 技術部 持田 沙耶奈 氏

東京都出身。技術部所属。2017年にアールシーソリューション株式会社に入社。「防災クラウド」を利用したアプリ開発に携わった後、現在は訪日外国人旅行者向け多言語災害情報アプリ「Safety tips」の機能追加に取り組んでいる。


Information

新建新聞社 危機管理メディア事業部(リスク対策.com)
危機管理カンファレンス2017開催事務局
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp