Program

Session-2
時間:9月27日/10時25分~11時10分  会場:ホール全体 【定員500人】 受講無料/事前登録制

働き方改革が強力かつ柔軟なBCPにつながる
~経営トップ主導による働き方改革とBCP改善の取組事例~
<企画:ニュートン・コンサルティング株式会社>

BCPと働き方改革は一体的に進められる!
システム開発大手のSCSK株式会社は、経営トップが旗振り役となり「働きやすい、やりがいのある会社」を目指し、働き方改革を推進。社員一人ひとりの健康こそがすべての礎であるという理念のもと、残業時間の削減、年次有給休暇取得率の上昇を実現。一方、業績は合併以来の増収増益を達成しています。
特に重視したのは、仕事の質を高め生産性を向上させること。その取組の一つが、自宅や外出先でも仕事ができる環境の整備、いわゆるリモートワークの推進でした。
奇しくもそれが本来BCP(事業継続計画)で追求すべき『災害時でも平時と変わらず仕事を続けられる環境』の整備につながっています。本セッションでは、画期的な働き方改革を推進したSCSK様をゲストに迎え、働き方改革が成果を上げるに至った背景とそれを踏まえたBCP改善の取組をご紹介いたします。

Speakers
SCSK株式会社 執行役員 法務・総務・広報・CSRグループ長 岡 恭彦 氏

1987年4月に株式会社CSK(2011年10月住商情報システム株式会社と合併、現SCSK株式会社)に入社。内部統制推進室長、経理部長を経て、合併後主計部長、2013年執行役員経理グループ長に就任。2017年より現職。


ニュートン・コンサルティング株式会社 代表取締役社長 副島 一也氏

1991年、日本アイ・ビー・エムに入社。1998年より、英国にて災害対策や危機管理などのコンサルティングを行うNEWTON ITの立ち上げに参加。取締役を経て代表取締役に就任。2005年のロンドン同時多発テロからのBCP発動も経験する。
2006年、現在のニュートン・コンサルティングを日本で設立し、代表取締役に就任。英国で培ったリスクマネジメントのノウハウを日本で展開し、多くの企業に真に役立つ経営システムを提供すべく、常に最先端の取り組みを推進している。(社)日本BCP促進協会 理事、BCAO理事等を務める他、危機管理分野における第一人者として講演実績も多数。


Information

新建新聞社 危機管理メディア事業部(リスク対策.com)
危機管理カンファレンス2017開催事務局
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL. 03-3556-5525 / E-mail: riskinfo@shinkenpress.co.jp